大人も引き込まれる映画

ジブリ映画と言えば、子供にも大人にも人気があり、国内にだけでなく海外でも高い評価を受けています。ストーリーはもちろん、絵の繊細さや臨場感なども素晴らしく、何年経っても色あせることがありません。ジブリ映画には有名なストーリーがたくさんあります。中でも、生きるとは何かということを考えさせられる「もののけ姫」は非常に人気があります。村を追われたアシタカが生きるために旅を始め、人間の愚かさや罪の深さを学んでいきます。そして、狼に育てられたサンと出会うことで、物語が急展開していきます。全てが神秘的で物悲しい雰囲気ですが、要所要所にくすりと笑える場面も見られ、どんどん引き込まれていきますテーマが奥深く、リアリティーのあるシーンもあるため、子供よりも大人に人気の高い映画です。もののけ姫の見どころが、何と言ってもクライマックスではないでしょうか。シシ神が首を取り返すために、周りの命を吸い取りながら大きくなっていきます。アシタカとサンは、首を持って逃げ回るジコ坊を追いかけ、最後は首を取り返します。二人で強力してシシ神に首を返すと、命を吸いすぎて巨大化したシシ神は轟音を上げながら地面に倒れます。すると、それまで枯れていた木々や植物が蘇っただけでなく、命をとられた人間も生き返り、不治の病を患っていた人々の病気まで治っていたのです。アシタカとサンは同じ場所で共に生活することを選びませんでしたが、お互いの心が通じ合って、それぞれが前を向いて生きていくことになります。クライマックスは瞬きもできないほど引き込まれます。何回見ても感動を覚える映画です。

Copyright(c) 2016   生きろ!~『もののけ姫』 呪いを絶つため青年は旅立った~   All Rights Reserved.