誇り高き主人公

ジブリ映画の人気作でもあるもののけ姫の主人公です。本名は「アシタカヒコ」といいます。北の大地に暮らす一族の優秀な若者でしたが、村が祟り神に襲われた際、女の子たちを守る代わりに呪いを受けます。そしてその呪いを解くために旅にでます。 その性格は情熱的で常に真っ直ぐで、世の中のいいも悪いも受け入れ、悩みながらも誇りを忘れません。そのまっすぐな眼差しと人柄で、旅の道中会う人たちを引き込みます。また、力や体力もとてもあり、片手でたたらばの入り口の柵を開けたり、人を抱えてシシ神の森を抜けたりと尋常以上のことをしています。弓や刀の名手であることも伺え、サンとエボシ御前を2人同時に相手をして気絶させてしまう程です。 しかし呪いを受けてからは、右腕の呪いの痣の力により、アシタカの憎悪に反応して更に超人的な力を放つ代わりに、彼の命を蝕むようになります。その痣はやがて全身に回り、死に追いやると予言されています。 旅を続けるうちにたたら場とシシ神の森にたどり着き、もののけ姫とも出会います。人の住むたたら場とシシ神の森どちらの意見も聞き、共存できないか模索します。

Copyright(c) 2016   生きろ!~『もののけ姫』 呪いを絶つため青年は旅立った~   All Rights Reserved.