全ての生命を司る神

もののけ姫は1997年に映画になったジブリ映画の代表作です。世界感としては古来の東洋風の村や風景が特徴的で、自然とその中で生きる人々暮らしが描かれています。 その中でシシ神を狙う人間と、それを守る野生の動物の一族の争いを中心に描かれており、さらには主人公である「アシタカ」やヒロインである「サン」も巻き込んだ話になります。 ジブリ映画の特徴として、自然風景の描写がしっかりとされているので、こういった田舎町や山奥などに行くとどこかにシシ神がいるのではないかと思うこともあります。 このシシ神とは、もののけ姫の舞台である山の神であり、生と死を司る存在として登場します。さらには水の上を歩いたり、神出鬼没だったりと神格化している感じが出ています。 歩く足跡の部分に草が生えてきたりもするので、山そのものがシシ神ではないかという印象のエンディングにもなります。 ただし触れたものの命を奪ったりもするので、恐ろしいという印象が強いです。

Copyright(c) 2016   生きろ!~『もののけ姫』 呪いを絶つため青年は旅立った~   All Rights Reserved.